head on

オーストラリア最大の写真祭、head on photo festival で写真を展示します。

 

head on photo festival

「OF HOPE AND FEAR」

 

開催期間:2019年5月7日〜5月26日

開催時間:10:00〜19:00

会場:Wedge Gallery

https://www.headon.com.au/exhibitions/hope-and-fear

I will hold a photo exhibition at head on, Australia's largest photo festival. 

 

head on photo festival

「OF HOPE AND FEAR」

Duration:May7th 2019 - May 26th2019

Time: 10:00 - 19:00

Venue : Wedge Gallery

https://www.headon.com.au/exhibitions/hope-and-fear

 

#005 PHOTO Playground

Ginza Sony ParkとIMAが提供する写真との新たな出会いの場写真の可能性を広げ、写真と遊べるフォトプレイグラウンド

 

#005 PHOTO Playground

- 写真と出会う、写真と遊ぶ -

 

2019年2月1日(金)〜3月3日(日)

※地下3階は2月27日(水)まで

開催時間:10:00〜20:00

会場:Ginza Sony Park GL/地上フロア、地下1階〜3階

主催:Ginza Sony Park

キュレーション:IMAプロジェクト/株式会社アマナ

詳細はこちらから:

https://www.ginzasonypark.jp/release/20190128/?mv

関健作 / 「GOKAB」(2018)

公園といえば、公衆トイレ。地下二階の会場のトイレを模した扉を開けると、中の壁には写真の上にグラフィティが施された作品が現れます。これは2007年から3年間、ヒマラヤの麓の小国ブータンの小中学校で教鞭をとった関健作が、現地の若者たちの日常を追ったもの。独自の文化を守り、「国民総幸福量」を標榜するブータンは、時の止まったおとぎの国のようなイメージで知られていますが、実際には近代化が進み、他の都市と同様、街にはヒップホッパー達がいます。私たちの勝手なイメージを裏切るギャップに溢れた作品からは、彼らの社会に対するメッセージを読み取ることができます。独自の文化を守り、「国民総幸福量」を標榜するブータンは、時の止まったおとぎの国のようなイメージで知られていますが、実際には近代化が進み、他の都市と同様、街にはヒップホッパー達がいます。私たちの勝手なイメージを裏切るギャップに溢れた作品からは、彼らの社会に対するメッセージを読み取ることができます。

#005 PHOTO Playground

Duration: February 1 (Fri), 2019 - March 3 (Sun)

*Certain works are only on display until February 27 (Wed)

Time: 10:00 - 20:00

Venue    GL / Ground Level, B1 / Basement 1 - B3 / Basement 3[Park Map]

Price: Free

Curation: IMA Project / amana.inc

https://www.ginzasonypark.jp/e/program/009/

 

Kensaku Seki / 「GOKAB」(2018)

The Kingdom of Bhutan in the Eastern Himalayas is a small country well known for pioneering the concept of Gross National Happiness and preserving its unique culture. Albeit its fairy-tale scenery, it has a wide range of social issues like rising youth unemployment. This may come as a surprise, but recent years have seen a burgeoning hip hop culture among the dissatisfied Bhutanese youth. In society that is both politically conservative and a Buddhist, they are pursuing their dreams of better future through dancing and rapping despite being frowned upon with distain. Kensaku Seki stayed in Bhutan's capital, Thimphu, and shot an-eighteen-year-old man, Kunzan and his friends, who, in turn, painted the graffiti on the images. Representing their fears and hopes, the photographs are displayed to look like pictures and words left upon the walls of public restrooms.

アイデムフォトギャラリー「シリウス」の企画展「三様のひかり」

アイデムフォトギャラリー「シリウス」年頭企画展

飯沼珠実・関健作・柳詰有香 写真展 

「三様のひかり」

 

期間: 2019年1月5日(土)~1月16日(水) 

日曜休館

午前10:00~18:00 最終日15:00まで  

入場無料

会 場:アイデムフォトギャラリー「シリウス」 

電話:03(3350)1211

住所:新宿区新宿1-4-10アイデム本社ビル2F

アクセス:東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅から徒歩すぐ

web:

https://www.kensakuseki-photoworks.com/single-post/aidem-photo-gallery-exhibion

facebook:

https://www.facebook.com/events/1915426968506090/

AiDEM Photo Gallery "SIrius" Beginning of the year Exhibition

Tamami Iinuma · Kensaku Seki · Yuka Yanazume Photo exhibition

"Sanyou no Hikari"

 

Period: January 5 - January 16, 2019

Closed on Sunday

10:00  - 18:00 pm on the last day until 15:00

free entrance

Venue: AiDEM Photo Gallery "Sirius"

Phone: 03 (3350) 1211

Address: Shinjuku-ku Shinjuku 1-4-10 Idem Headquarters Building 2F

Access: Tokyo metro Marunouchi line Shinjuku Gyoenmae station a short walk away

Please check here↓

web:

https://www.kensakuseki-photoworks.com/single-post/aidem-photo-gallery-exhibion

facebook:

https://www.facebook.com/events/1915426968506090/

tokyographie

​FUJIFILM SQUAREにて写真展"GOKAB" 開催します!

10月26日から六本木にある、FUJIFILM SQUAREにて写真展開催します。

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 SPECIAL EDITION

TOKYOGRAPHIE オープニングプログラム

関 健作 写真展

「GOKAB ~ HIPHOP に魅了されたブータンの若者たち~」

 インターナショナル・ポートフォリオレビュー 2018FUJIFILM AWARD 大賞受賞作品

 

企画展名 : KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 SPECIAL EDITION TOKYOGRAPHIE オープニングプログラム

開催期間 : 2018 年 10 月 26 日(金)‒11月8日(木)

      10:00-19:00 (最終日は 14:00(入場は閉館 10 分前まで)

      会期中無休

会  場: FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)

     スペース1、2、ミニギャラリー、ギャラリー X

     〒107-0052 東京都港区赤坂 9 丁目 7 番 3 号(東京ミッドタウン・ウエスト) 

     TEL 03-6271-3350  

入 場 料 : 無料

主  催 : 富士フイルム株式会社・一般社団法人 KYOTOGRAPHIE


富士フィルムwebページ:

http://fujifilmsquare.jp/detail/1810260123.html

Tokyo graphie webページ:
https://www.tokyographie.jp/exhibition/kensaku-seki?lang=ja

 

ぼくは下記の日程で在廊します。

10月26日(金)午前中

10月28日(日)午後

10月30日(火)

10月31日(水)午前中

11月1日(木)

11月2日(金)

11月3日(土)

11月4日(日)

11月6日(火)

11月7日(水)

10月 28日(日)16:30〜フォトジャーナリスト 安田菜津紀さんとのトークセッションもあります。

こちらもぜひご検討ください!

お申し込みはこちらからです。

https://fujifilm-x.com/ja-jp/tokyographie2018/

 

We will hold a photo exhibition at FUJIFILM SQUARE in Roppongi from 26th October.

KYOTOGRAPHIE Kyoto International Photography Festival SPECIAL EDITION

TOKYOGRAPHIE Opening Program

As the following four photo exhibitions are held simultaneously.

 

Kensaku Seki Photo Exhibition

"GOKAB ~Bhutanese HIPHOP ~"

International Portfolio Review 2018 FUJIFILM AWARD Grand Prize Winning Works

 

Exhibition Title: KYOTOGRAPHIE Kyoto International Photography Festival SPECIAL EDITION TOKYOGRAPHIE Opening Program

Duration: October 26, 2018 (Friday) - November 8 (Thur)

10: 00-19: 00 (The last day is 14:00 (admission is ten minutes before closing)

No holiday during the exhibition

Venue: FUJIFILM SQUARE (Fuji Film Square)

Spaces 1, 2, Mini Gallery, Gallery X

Akasaka 9 - chome 7, 3 Akasaka Minato - ku, Tokyo 107 - 0052 (Tokyo Midtown West)

TEL 03-6271-3350

Admission: Free

Organizer: Fujifilm Corporation · General corporate body KYOTOGRAPHIE


fujifilm web page:

http://fujifilmsquare.jp/detail/1810260123.html
Tokyo graphie web page:

https://www.tokyographie.jp/exhibition/kensaku-seki?lang=en

My Arrival Day

Oct 26th (Fri) in the morning

Oct 28th (Sun) afternoon

Oct 30th(Tue)

Oct 31th (Wed)

Nov 1st (Thu)

Nov 2nd (Fri)

Nov 3rd (Sat)

Nov 4th (Sun)

Nov 6th (Tue)

Nov 7th (Wed)

 

There is also a talk session with Photojournalist Natsuki Yasuda  from October 28 (Sunday) 16: 30.

Please also consider here!

Application is from here.

https://fujifilm-x.com/en-jp/tokyographie2018/

写真家 関健作同行 ブータンの旅

2018年8月19日(日)~8月25日(土) 

タイ・バンコク発着 7日間 

ツアー詳細はこちらから↓

http://gnhtravel.com/archives/5366554.html

「標高高い系フェス!」

標高高い系フェス!

2018年3月24日(土)

http://gnhtravel.com/archives/5331182.html​

OF HOPE AND FEAR

関 健作 写真展 

 

 

 

これは、HIPHOPに魅了され夢を思い描くブータンの若者の物語である。 

ブータンでは今、若者たちの失業率が高く、社会問題になっている。

物価が高騰していくなか、満足のいく給料が得られる仕事はほぼなく、将来の不安を抱える若者たちが急増。 

 

そんな若者たちの間で流行しているのが、HIPHOPだ。 

 

保守的な仏教国であるブータンではそんな若者たちを軽視する風潮があり、肩身の狭い思いをしながら、

彼らはHIPHOPを通して自分たちの存在を模索している。

 

物語の主人公は首都ティンプーに住む18歳の若者クンザン・チョゲル。両親は離婚、住む家ものない中、HIPHOPを通して仲間たちと出会い、生きる希望を見出していく。 この作品は、私が撮影した写真と、彼らが作成したグラフィックを織り交ぜ、クンザンが胸の中に抱く「希望と恐れ」を表現したものだ。

@東京

開催期間: 

2018年3月28日(水) 〜 2018年4月 3日(火) 日曜休館

※3月31日(土)14:00~ ギャラリートークを開催します。

時間: 

10:30~18:30(最終日は15:00まで)

場所:銀座ニコンサロン

住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座7-10-1

STRATA GINZA(ストラータ ギンザ)1・2階

在廊日:全日程在廊します。

展示webサイト:

http://www.nikon-image.com/activity/exhibition/salon/events/201706/20180328.html

@大阪

開催期間: 

2018年4月26日(木) 〜 2018年5月 2日(水) 日曜休館

時間: 

10:30~18:30(最終日は15:00まで)

場所:大阪ニコンサロン

住所: 〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-2

ヒルトンプラザウエスト・オフィスタワー13階

在廊日:最終日5月2日のみ在廊します。

展示webサイト:

http://www.nikon-image.com/activity/exhibition/salon/events/201706/20180328.html

OF HOPE AND FEAR

Kensaku Seki Photo Exhibition 

 

 

 

This is a story of a young man in Bhutan who is fascinated by HIPHOP and dreaming better future.

Now in Bhutan, the unemployment rate of young people is high and has become a social issue.  As prices rise, there are a small number of jobs that can provide a satisfying level of income.  As a result, young people grow more worried over their uncertain future.

HIPHOP has become very popular among such young people. In Bhutan, a conservative Buddhist country, there is a tendency to disregard such young people.However, they are seeking an expression of their existence through HIPHOP in the 

midst of fundamental dissatisfaction with the society.

The main character of this story is 18-year-old young man, Kunzang Chogel, living in Thimphu, the capital city of Bhutan. His parents got divorced, and he’s living alone. Through HIPHOP, he found himself a group of friends and also, hope for life.

This work incorporates photos of Kunzan and his colleagues’s lives.  I also collected graphics they created. By weaving them together in this work, I wanted to express “hope and fear” Kunzan holds in his heart.

 

 

@Tokyo

Duration: 

March 28th 2018 to April 3rd 2018 Sunday  Closed 

※ Gallery Talk will be held March 31st (Sat) 14: 00 ~ 

Time: 10: 30 ~ 18: 30 (last day until 15: 00)

Location: Ginza Nikon Salon

Address: 7-10-1 Ginza Chuo-ku, Tokyo STRATA GINZA 1st floor

Author Arating Day: All dates will be hosted

web: http://www.nikon-image.com/activity/exhibition/salon/events/201706/20180328.html

@Osaka

Duration: 

April 26th 2018 to May 2nd 2018,  Sunday Closed 

Time: 10: 30 ~ 18: 30 (last day until 15: 00)

Location: 2-2-2 Umeda Kita-ku, Osaka-shi

Hilton Plaza West Office Tower 13th Floor

Author Arating Day:

I will only be present at May 2nd on the last day.

web:

http://www.nikon-image.com/activity/exhibition/salon/events/201706/20180328.html

第13回「名取洋之助写真賞」受賞作品 写真展

@富士フイルムフォトサロン東京

2018年1月26日(金)~ 2月1日(木)

※全日程在廊します。

※1月27日(土)、28日(日)各日

14時~関(ぼく)+楠本でギャラリートーク

@富士フイルムフォトサロン大阪

2018年2月16日(金)~ 2月22日(木)

※2月16日〜19日在廊します。

※2月17日(土)、18日(日)各日

14時~関(ぼく)+楠本でギャラリートークを開催します。

「名取洋之助写真賞」受賞 作品 

関 健作 (せき けんさく)

「Limited future」 (カラー30枚)

脳腫瘍という病気と向き合い、自分と家族の未来を思い描く一人の男を追った作品。

「名取洋之助写真賞奨励賞」受賞作品  

楠本 涼 (くすもと りょう)

「もうひとつの連獅子」 (カラー30枚)

自分の居場所を守るため、一般的な価値観を選ばなかった老齢の舞踊家と、若き弟子たちが、何を授受するのかを追った作品。

富士フイルムフォトサロンwebページ:

http://fujifilmsquare.jp/photosalon/tokyo/s1/18012601.html

facebookページ

@富士フイルムフォトサロン東京

https://www.facebook.com/events/264366537425465/

@富士フイルムフォトサロン大阪

https://www.facebook.com/events/1800020963401663/

 

A true documentary work shot with a young sensibility

The 13th “Yonosuke Natori Photo Award" photograph exhibition in 2017

【Contents】

JPS(Japan Professional Photographers Society)will display "award-winning works" to "encourage the development and activities of up-and-coming photographers" up to the age of 35.

【@Tokyo】

Jan 26, 2018 - Feb 1st, 2018

※ Gallery Talk will be held on 

・January 27th (Saturday):at 14:00〜 Seki + Kusumoto.

・January 28th (Sunday):at 14:00〜 Seki + Kusumoto.

10: 00 ~ 19: 00 (Last day until 16: 00 / Admission is ten minutes before closing)

Fujifilm Photo Salon Tokyo Space 1 (Admission Free)

9-7-3 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 〒107-0052

http://fujifilmsquare.jp/guide/access.html

【@Osaka】

Feb 16th (Fri) - Feb 22 (Thur), 2018

※ Gallery Talk will be held on 

・Feb 17th (Saturday):at 14:00〜 Seki + Kusumoto.

・Feb 18th (Sunday):at 14:00〜 Seki + Kusumoto.

10: 00 ~ 19: 00 (Last day until 16: 00 / Admission is ten minutes before closing)

 

Fujifilm Photo Salon Osaka(Admission Free)

2-5-7 Honmachi, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 〒541-0053

https://www.fujifilm.co.jp/photosalon/osaka/

RPS PHOTOBOOK AS OBJECT EXHIBTION

by 2017 Workshop Partisipants

会期:

2017年10月1日(日)〜10月15日(日)午後1時から7時まで

(会期中無休・入場無料)

オープニング・イベント: 10月1日(日) 

13時オープン - 参加写真家によるギャラリートーク(展示写真集・プロジェクトについての説明など)

19時交流会 - (軽食と飲み物を用意してお待ちしています) ※参加費無料 どなたでもご参加いただけます。

場所: Reminders Photography Stronghold ギャラリー

    東京都墨田区東向島2-38-5

詳細はこちらから:

http://ur2.link/Fqxu

このFacebookのイベントページを通して詳細をご案内していきます。

為末大と考える、世界に飛び出す方法

 

 

陸上競技で3度のオリンピック出場を果たした為末大さんが考える「世界に飛び出す方法」とは?

ふとしたきっかけで途上国に行くこととなったアスリートは何を感じ、その体験によってどう変わったのか。

みなさんの「未来」につながるヒントをお届けします。

ゲストにはブータンでの活動(青年海外協力隊)を経て、現在は写真家として活躍する関健作さんをお迎えします。

 

 

日時:9/30(土) 15:00~15:45

会場:お台場 センタープロムナード(シンボルプロムナード公園内)

〒135-0064 東京都江東区青海1丁目2

http://gfjapan2017.jp/event.html

写真家・関健作同行  ブータンの笑顔に出会う旅

2017年8月20日(日)~8月26日(土)  

タイ・バンコク発着 7日間 

 

ツアー詳細はこちらから

http://gnhtravel.com/archives/5196627.html

昨年のツアー参加者の感想はこちらから

http://gnhtravel.com/archives/5197208.html

APA(日本広告写真家協会)アワード2017 写真作品部門において

応募作品の中で最も優れた作品に送られる、

文部科学大臣賞を受賞しました!

http://www.apa-japan.com/news/2016_14.html

 

作品は5枚組写真で「ブータン92歳の1日」。

受賞作品の展示が3月に東京都写真美術館で行われます。

 

 

APAアワード2017展覧会

場所:東京都写真美術館 地下1階展示室

日時:2017年3月4日(土)~3月19日(日)

10:00~18:00 (予定)月曜休館

http://www.apa-japan.com/award/

 

 

 

 

関健作×山本高樹 トークイベント

「僕たちはブータンとラダックで、撮って、書いて、生きてきた。」

日時:3月25日(土)14:30〜16:30(14:00開場)

会場:モンベル 御徒町店 4F サロン

主催:GNHトラベル&サービス

詳しくはこちらから:

http://gnhtravel.com/archives/5175481.html

東京2020オリンピック、ブータン陸上チーム事前キャンプ地に決定した寄居町で、3月に講演会をさせていただくことになりました。

 

 

 

 

ブータン王国 幸せの秘訣

関健作講演会

3月11日(土)14:00~(13:30開場)

場所:寄居町中央公民館

住所:〒369-1203 埼玉県大里郡寄居町大字寄居1300

Tel:048-581-2662 

詳しくはこちら:

https://www.town.yorii.saitama.jp/soshiki/02/bhutan-kouenkai-siawasenohiketsu.html

 

 

 

 

関健作トークイベント

写真で旅するブータン

 

日時:2017年1月26日(木) 

19:30~(19:00開場)

参加費:1000円

会場:旅の本屋のまど店内  

住所:東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1階

主催:旅の本屋のまど

申込み・問い合わせ:

TEL&FAX:03-5310-2627

e-mail :info@nomad-books.co.jp(お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)

※定員になり次第締め切らせていただきます。

詳しくはこちらから:

http://www.nomad-books.co.jp

 

 

 

 

日本ブータン友好協会主催

ブータンフェスティバル 2016

2016年12月17日(土) 10:00〜16:00

@JICA地球ひろば (JICA市ヶ谷ビル)

http://www.kensakuseki-photoworks.com/single-post/2016/11/19/bhutan-festa-2016

 

 

 

日本・ブータン外交関係樹立30周年記念

杉並区海外文化セミナー

ブータン

 

日 時:2016年11月26日(土)13:00~17:00

会 場:高井戸地域区民センター3階 体育室(杉並区高井戸東3-7-5)

http://suginami-kouryu.org/contents/code/eve20161126?re=1476159019

 

 

 

 

祭りのとき、祈りのとき

Bhutan

関健作写真展

 

 

2016年9月27日(火)-10月7日(金)

10:30-19:00(最終日は15:00まで)

無休/入場無料

作家毎日在廊予定

※9月27日(火)15:00から、17:30からギャラリートーク

 

 

コニカミノルタプラザ  ギャラリーC

〒160-0022

東京都新宿区新宿3-26-11

新宿高野ビル4F

JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分

​詳しくはこちらから

http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2016september/gallery_c_160927.html

 

ブータンでは毎年、各県で「ツェチュ」と呼ばれる祭が行われる。

ツェチュとは、ブータンに仏教を広めたとされるグル・リンポチェという聖人をお祀りする仮面舞踏の祭りだ。

祭りの最終日は特別な日。巨大仏画「トンドル」が披露される。

ご開帳の瞬間会場に集まった人々は一斉に手を合わせ、体全体を使う五体投地でお祈りをする。

レンズを通して、そこにいる人の魂が感動に沸き立ち躍動しているのが伝わってくる。

あたたかくて、不思議な一瞬だ。

ブータン人は日頃から祈りの時間を大切にし、目に見えない世界とつながる生き方をしているように見える。

彼らの優しさや謙虚さは、きっとそんな「祈りのとき」からやってきているのではないか。

「祭りのとき」の美しい一瞬は日々彼らが積み重ねている「祈り」があるからだろう。

彼らの生き方を、作品を通して伝えられたらと思う。

 

 

関健作×三井昌志×野村哲也×中田浩資×山本高樹 トークイベント

写真家たちが見たブータンの素顔

 

■日時:9月24日(土)14:30〜16:30(14:00開場)

■会場:モンベル 渋谷店 4F サロン

東京都渋谷区宇田川町11-5 モンベル渋谷ビル TEL03-5784-4005

http://www.montbell.jp/

■定員:90名(メールによる事前予約制)

■詳しくはこちらから:GNHトラベル&サービスwebサイト↓

http://gnhtravel.com/

 

 

 

ブータンの笑顔に出会う旅

写真家 関健作 同行 バンコク発着6日間

 

 

 

日時:2016年8月22日(月)〜8月27日(土)
詳しくはGNHトラベル&サービズWEBページ
http://gnhtravel.com/archives/4865710.html 

 

 

 

 

Bhutan day 

~ブータンの幸せを考える1日〜

日時:8月6日(土)

場所:愛媛県宇和島市 木屋旅館 http://kiyaryokan.com

 

プログラム:

11:00-14:00 ブータンランチ (限定30食)

15:00-18:00 ブータントークショー&スペシャル対談

(先着50名様)

①ブータン写真家 関健作が語る

『ぼくがブータンに魅了された理由』

②ブータン写真家×愛媛県在住ブータン人 スペシャル対談

問合・申込・チケット販売: 木屋旅館 0895−22−0101   

 contact@kiyaryokan.com  

      

主催:Identity Project 協賛:木屋旅館

「平和・国際都市 渋谷」講演会

幸せの国ブータンが教えてくれたこと

 

日時:2016年7月29日(金)

14:30-16:00(会場14:00)

場所:ケアコミュニティ美竹の丘2階多目的ホール

https://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/senior/mitake.html

定員:150名

申込:当日会場で

お問い合わせ:

渋谷区役所 文化振興課 交流推進係

03-3463-1142

日本・ブータン外交関係樹立30周年記念事業

ブータン

-しあわせに生きるためのヒント-

 

 

 

ブータン展が上野の森美術館で開催中。

会場では最後のパートでぼくの写真が展示されています。また写真からつくられたグッズやポストカード、書籍なども販売しています。

 

 

 

日時:2016年5月21日〜7月18日

場所:上野の森美術館

http://www.bhutan2016.jp

 

Little Bhutan Days

関健作写真展

 

日時:2016年5月28日(土)

12:00-14:00, 17:00-19:00

場所:Soup Stock Tokyo 本社

住所:東京都目黒区中目黒1-10-23 シティーホームズ中目黒3F

入場:無料

Soup Stock Tokyoコラボイベント

おいしい教室 -旅とスープ vol.02 

「幸せな国ブータンの、おいしい食卓」

日時: 2016年5月28日(土) 14:00~16:30 (13:45開場)

場所: 株式会社スープストックトーキョー本社 

お申し込み・詳細はこちら:

http://oishii201605.peatix.com

ブータンの小さな瞳

関健作 写真展

 

日時:2016年4月15日(金)〜5月12日(木) 

作家在廊日:4月30日(土)、5月1日(日)
時間:9:00-17:00

会場:あーすぷらざ2階展示コーナー

http://www.earthplaza.jp/access.html

住所:〒247-0007 横浜市栄区小菅ケ谷1-2-1

電話:TEL:045-896-2121(代表)

入場:無料

 

 

僕がみた、ブータンの優しいくらし

関健作 講演会

 

日時:2016年4月30日(土) 14:00〜15:30

会場:あーすぷらざ5階 映像ホール

定員:120名

入場料:ナショジオ展入場料と共通

 

 

落語家・桂かい枝×写真家・関健作トークショー

「しあわせに生きるためのヒントを探す旅」

 

 

 

 

日時:2016年5月25日(水) 19:30 - 21:00

会場:H.I.S.旅と本と珈琲とOmotesando

住所:〒150-0001 東京都渋谷区 神宮前4-3-3 バルビゾン7番館

 

 

詳しくはこちらから:

http://peatix.com/event/163993

 

 

 

 

関健作×山本高樹 スライドトークイベント

ブータンとラダックにいったい何があるというんですか?

 

日時:4月16日(土)14:30〜16:30(14:00開場)

会場:モンベル 御徒町店 4F サロン

東京都台東区上野3-22-6 コムテラス御徒町 TEL03-5817-7891 

http://www.montbell.jp/

詳しくはこちらから:
http://www.kensakuseki-photoworks.com/bhutan-ladakh

関健作 写真集「OF HOPE AND FEAR」

オンラインご予約受付開始

(99部限定、受注生産)

http://reminders-project.org/rps/ofhopeandfearsalejp/

 

◎本文:144ページ

◎言語:英日版

◎サイズ:176mm × 214mm

◎特典:特製ステッカー3点付

◎部数:99部

◎価格:12,000円(税込み、送料別700円、ゆうメールでのお届けになります)全エディション、署名入り

◎写真・編集・印刷・製本: 関健作

 

本書はReminders Photography Strongholdにて2017年5月にヤン・ラッセルと後藤由美によって開催されたワークショップ「Photobook as object」において、コンセプト、編集、アートディレクションを発展させて制作されました。

KENSAKU SEKI ARTIST BOOK

“OF HOPE AND FEAR”

PRE-ORDER AVAILABLE NOW.

http://reminders-project.org/rps/ofhopeandfearsale/

Book:144pages

Languages: English and Japanese edition

size:176mm × 214mm

Edition Number: 99 editions only (all made to order) all signed and given the edition number by the artist

Photo  / Edit / Print / Bookbinding : Kensaku Seki

Price: 12,000 JPY (plus shipping fee and handling fee)

Basic Concept: developed in the 2017 photobook as an object workshop by Yumi Goto and Jan Rosseel in collaboration with Reminders Photography Stronghold.

**All books will be produced by the artist from printing to binding, it may take to dispatch 2 to 3 months after we confirm your order.

第13回「名取洋之助写真賞」受賞作品 写真集

Limited future

限定35冊

2000円(税込)

​​

​詳しくはこちら:

https://www.kensakuseki-photoworks.com/bhutan-1

申し込みはこちら:

https://www.kensakuseki-photoworks.com/blank-5

 

祭りのとき、祈りのとき

Bhutan

関健作写真集(私家版)

限定500冊

3240円(税込)

​インターネットで販売中

http://www.kensakuseki-photoworks.com/#!blank-2/flxbh

 

著者・写真・発行人:関 健作

印刷・製本所:株式会社株式会社 イニュニック  http://www.inuuniq.co.jp

ブックデザイン:武藤 丈祥 MIRROR DESIGN. 

http://mirror-design.net/ 

ブータンの笑顔
新米教師が、ブータンの子どもたちと過ごした3年間

 


「大学卒業後、青年海外協力隊としてブータンに赴任したぼくは、教師として子どもたちに体育を教えることになった。」

 

現地の教師との交流、僧侶のことば、子どもたちとの日々。 

ブータンの人々の笑顔に魅了されながら過ごした3年間は、僕に少しずつ変化をもたらした。 そんな自分と向き合いながら綴った文章と、飾らない人々の写真40点で構成されるフォト&エッセイ。

 

一人の日本人青年が行って見て感じた、ブータンの生活と人々の幸福感とは。

撮り旅!
地球を撮り歩く旅人たち
 

この世界は、僕たちの想像をはるかに超える驚きと感動、そして微笑みに満ちている。

 

その一つひとつにレンズを向け、シャッターを切り、写真に、心に、焼きつけていこう。 写真は旅を、もっと豊かで、もっと確かな、何かに変えていく力を持っているはずだ。

 

旅と写真に魅せられた旅人たちが目にした世界の姿を、渾身の写真と言葉で届ける一冊

©Copyright All right reserved KENSAKU SEKI.