「2:16
D4X_3706
「2:16
D4X_9783
D4X_9598
DSCF1981
「2:16
DSCF4255
「2:16
DSCF1165
DSCF0048
D4X_8357-3
D4X_1259
DSCF1611 2
フラッシュ
メダル
D4X_1542
DSCF0597
DSCF0823
DSCF0576
DSCF0217
DSCF0310
D4X_0540-2

2:16.22

 

 

 タイム(=記録)とは競技者の名刺である。 数字は無味乾燥で端的なものだ。だからこそ、その向こう側にある汗にまみれた膨大な物語との乖離に違和感を覚える。

2時間16分22秒。東京オリンピックのマラソン競技で銅メダルを獲得した円谷幸吉の記録だ。彼は栄光を掴み一躍時の人となったが、その後27歳という若さで自ら命を絶つことになる。記録は彼にとって栄光の象徴と同時に、次の瞬間には超えなければいけない目標へと変化した。数字は目に見えない巨大な壁として立ちはだかり、大きな絶望と孤独を彼にもたらしたのかもしれない。

今回「走る」という行為に人生をかけ、自分の記録と対峙し続けた5人のアスリートたちを取材した。痛みと共存し続けた長距離ランナー、痙攣の不安を抱えたスプリンター、国民の期待に応えることができず、弱い自分と邂逅してしまうハードラー、オリンピックのメダリストとなり人間関係に苦悩するスプリンター、コーチに依存し自分を見失っていくハードラー。インタビューを元に、その記録の向こう側で彼らが見たものの視覚化を試みた。

かつて数字と向き合い苦悩した一人の陸上競技選手だった私が、このプロジェクトを進めるということは、繊細にからまった数字と記憶の糸をほぐしていく作業でもあった。

 

 

2:16.22

—the other side of the record

 

 

“A record time is the athlete’s calling card. Numbers are dry blips, totally separate from the grand tales of sweat and strain behind the scenes.

2 hours 16 minutes 22 seconds, was the marathon record of 1964 Tokyo Olympic bronze medalist Kōkichi Tsuburaya. He grabbed a moment’s glory, then tragically ended his life at the young age of 27. The record that symbolized his glory suddenly became a goal he had to transcend. The numbers formed an insurmountable barrier, forcing him into isolation and despair.

This exhibition looks at five athletes who stake their lives on the act of running and the on-going fight to set records. A long distance runner coexisting with pain, a sprinter beset by convulsive anxieties, a hurdler unable to face up to popular expectations, a sprinter whose relationships suffered when  he became Olympic medalist, a hurdler emotionally dependent on her coach. Based on interviews, I try to visualize the other side of winning.

As a former track and field athlete who used to challenge records, this project is an effort to untangle fine strands of memory caught up in numbers.

DSC_8381
DSC_1s
DSC_8448
DSC_8519
NKN_4701
NKN_4702
NKN_4700
NKN_4707
NKN_4704
NKN_4707
NKN_4711
NKN_4710
NKN_4712
NKN_4714
NKN_4715
NKN_4713
NKN_4718
NKN_4716
NKN_4719
NKN_4721
NKN_4724
NKN_4726
NKN_4728
NKN_4730
NKN_4740
NKN_4741
NKN_4742
NKN_4743
NKN_4744
NKN_4751
NKN_4748
NKN_4752
NKN_4753
NKN_4754
NKN_4755
NKN_4756
NKN_4757
NKN_4758
NKN_4760
NKN_4759
NKN_4761
NKN_4764
NKN_4762
NKN_4765
NKN_4766
NKN_4767
NKN_4768
NKN_4770
NKN_4771
NKN_4772
NKN_4774
NKN_4775
NKN_4776
NKN_4780
NKN_4778
NKN_4781
NKN_4782
NKN_4783
NKN_4785
NKN_4786
NKN_4788
NKN_4787
NKN_4790
NKN_4789
NKN_4792
NKN_4791
NKN_4793
NKN_4794
NKN_4795
NKN_4796
NKN_4798
NKN_4799
NKN_4800
NKN_4802
NKN_4803
NKN_4804
NKN_4806
NKN_4805
NKN_4812
NKN_4813
NKN_4817
NKN_4814
NKN_4818
NKN_4819
NKN_4820
NKN_4822
NKN_4823
NKN_4824
NKN_4825
NKN_4826
NKN_4827
NKN_4828
NKN_4831
NKN_4832
NKN_4830
NKN_4833
NKN_4846
NKN_4845
NKN_4849

関健作 写真集「2:16.22」

(27部限定)

​詳細はこちらから:

https://reminders-project.org/rps/21622-salejp/

 

KENSAKU SEKI ARTIST BOOK

“2:16.22”

https://reminders-project.org/rps/21622-saleen/

関 健作 写真展 2:16.22 
@Reminders Photography Stronghold Gallery

3D/360° 写真展 2:16.22  
3D/360° photo exhibition  2:16.22  

2:16.22
2_16.22

RPSギャラリーでは関健作 写真展「2:16.22」を開催いたします。

関は、体育系の学部を卒業後、体育教師に3年ほど従事した経験を持ち、これまでライフワークのひとつとしてアスリートと様々なアプローチで向き合ってきました。

本作品のタイトルの「2:16.22」とは2時間16分22秒を意味し、1964年東京オリンピックのマラソン競技で銅メダルを獲得した円谷幸吉の記録です。栄光の数年後、彼は自ら命を絶つことになります。

アスリートの抱える孤独や葛藤、彼らに宿る未分化のものを視覚化する試みが、記録とアスリートの関係性を紐解いていきます。


関 健作 写真展
2:16.22

◎会期:2020年7月11日(土)~26日(日)

13:00~19:00 会期中無休、入場無料

◎2020年7月11日(土)午後7時~facebookページにしてオンライン・アーティストトークを配信します。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のためレセプションは開催しません。

◎開催場所:Reminders Photography Stronghold Gallery

住所:東京都墨田区東向島2-38-5

(東武スカイツリーライン曳舟駅より徒歩6分・京成曳舟駅より徒歩5分)

◎手製本写真集「2:16.22」販売予定

詳細は決定次第公開いたします。

webページ:
https://reminders-project.org/rps/kensakuseki_jp/

 

 

 

Reminders Photography Stronghold is pleased to present Kensaku Seki's photo exhibition “2:16.22” from July 11th to 26th, 2020. 

Having graduated in athletics and taught physical education for three years, Seki decided to take a hard look at his life in sport. The title of this work refers to the 2-hours 16-minutes 22-second record of 1964 Tokyo Olympic bronze medalist Kōkichi Tsuburaya, who took his own life only a few years after his triumph. It is an attempt to visualize the struggle, isolation, and the emotional toll athletes face in their attempts to set records.

 

Kensaku Seki photo exhibition

2:16.22

 

 

Exhibition Outline

◎Date: July 11th to 26th, 2020.

◎Opening hours: 1pm - 7pm

Open every day during the exhibition, free admission

◎Venue: Reminders Photography Stronghold

2-38-5, Higashimukoujima,Sumida-ku, Tokyo

◎Online artist talk:  from 7pm on July 11th

◎ Hand-made book Photo book "2: 16.22" pre-order soon

web:
https://reminders-project.org/rps/kensakuseki_en/

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 SPECIAL EDITION TOKYOGRAPHIE 2019

関 健作 写真展 2:16.22 -その記録の向こう側-
@FUJIFILM SQUARE

関 健作 写真展 「2:16.22 -その記録の向こう側―」
関 健作 写真展 「2_16.22 -その記録の向こう側―」

11月29日から写真展を開催します。 今回の展示はアスリートの記録と記憶をテーマにしています。 彼らが抱える孤独や葛藤、彼らに宿る未分化のものを視覚化する試みをしました。

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 SPECIAL EDITION 
TOKYOGRAPHIE 2019
関 健作 写真展
2:16.22 -その記録の向こう側-

企画展名:KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 SPECIAL EDITION TOKYOGRAPHIE 2019
開催期間:2019年11月29日(金)~2019年12月12日(木)
開館時間:10:00~19:00 (最終日は14:00まで 入場は閉館10分前まで) 会期中無休 会場:FUJIFILM SQUAREスペース1
〒107-0052 東京都港区赤坂 9 丁目 7 番 3 号(東京ミッドタウン・ウエスト) TEL 03-6271-3350 
入場料:無料

※ 企業メセナとして実施しており、より多くの方に楽しんでいただくために入場無料にしております。 主催:富士フイルム株式会社 / ビー・エム・ダブリュー株式会社 / 一般社団法人 KYOTOGRAPHIE ​

富士フィルム写真展webページ:
http://fujifilmsquare.jp/detail/1911290123.html
facebookページ:
https://www.facebook.com/events/2419914581657881/ ​

 

私は下記の日程で在廊予定です。
11月29日(金)

11月30日(土)※トークイベント

12月1日(日)

12月2日(月)

12月4日(水)

12月6日(金)

12月7日(土)

12月8日(日)

12月9日(月)

12月12日(木) ​

【写真展併催イベント】
■関 健作×為末 大 トークイベント 「アスリートの記録と記憶」
2019年11月30日(土) 10:30~11:30
元陸上競技選手の為末 大氏をお招きし、作品を交えながらアスリートの内面を言語化しようと試みるトークイベントです。 このプロジェクトの経緯、作り上げていく中でぶつかった課題、作品に出てくる5人のアスリートの記憶を掘り下げていきます。
会場:FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) 2F 特設会場
お申し込みはこちらから:
https://fm.fujifilm.jp/form/pub/sen/square201912event?_

 

I will hold a photo exhibition at FUJIFILM SQUARE in Roppongi from 29th Nobember 2019.

 

 

KYOTOGRAPHIE SPECIAL EDITION TOKYOGRAPHIE 2019

Kensaku Seki photo exhibition

2:16.22  —the other side of the record ​

 

 

 

EventTitle: KYOTOGRAPHIE Kyoto International Photo Festival SPECIAL EDITION TOKYOGRAPHIE 2019
Period: November 29, 2019 (Friday) to December 12, 2019 (Thursday)
Opening hours: 10: 00-19: 00 (Last day until 14:00 Admission is 10 minutes before closing) Open all day
Venue: FUJIFILM SQUARE Space 1
Akasaka 9 - chome 7, 3 Akasaka Minato - ku, Tokyo 107 - 0052 (Tokyo Midtown West)
TEL 03-6271-3350
Admission: Free * As a corporate mesena, admission is free for more people to enjoy.
Organizer: FUJIFILM Corporation / BMW Co., Ltd./KYOTOGRAPHIE

FUJIFILM web page:


http://fujifilmsquare.jp/detail/1911290123.html ​
facebook page:
https://www.facebook.com/events/2419914581657881/


 


My Arrival Day :

November 29 (Friday)

November 30 (Sat) * Talk event

December 1 (Sun)

December 2 (Mon)

December 4 (Wed)

December 6 (Fri)

December 7 (Sat)

December 8 (Sun)

December 9 (Mon)

December 12 (Thu)

[Talk event]

Kensaku Seki × Dai Taisue Talk Event “Recording and Memory of Athlete”

November 30, 2019 (Sat) 10: 30-11: 30

Sign up here:

https://fm.fujifilm.jp/form/pub/sen/square201912event?_

写真展 2:16.22 -その記録の向こう側-

@FUJIFILM SQUARE

KYOTOGRAPHIE 2019 ポートフォリオレビュー インタビュー「2:16.22 」関健作

関 健作 写真展「2:16.22 -その記録の向こう側-」インタビュー
@RPSギャラリー

KYOTOGRAPHIE 2019 ポートフォリオレビュー賞 インタビュー
「2:16.22 」関健作

 

©Copyright All right reserved KENSAKU SEKI.

NKN_4800