Tokyo2020がはじまるはずだった日


東京オリンピック・パラリンピックに向かう20人のドイツ人アスリートを紹介する雑誌「20.20」の第2号が刊行。

この雑誌の巻頭グラビア16ページを担当させていただきました。

テーマは「Tokyo2020がはじまるはずだった日」。

日の出から日没まで走った。

行われるべきだったオリンピックの町、東京。

憂鬱と期待、不確実性の描写。

https://2020magazin.de















最近の投稿
過去の記事
Search By Tags

©Copyright All right reserved KENSAKU SEKI.