top of page

ネパールの山、イムジャツェ(6189m)へ


11月からネパールへ行ってきます。

東部ヒマラヤ、サガルマータ国立公園にある山、イムジャツェ(6189m)登頂が目的です。

周りはイムジャ谷の氷河に囲まれ、海に浮かぶ島のように見えるとこらから「島の峰」と名づけられたピークです。

18年前の2005年、大学4年生の時。ずっと憧れていたエベレストを見たくて、ネパールを旅しました。エベレスト街道を約2週間歩き周り、このイムジャツェの近くまで行ったことがあります。高所登山をする人にとっては高度適応と登山技術を向上させるトレーニング用の山なんだと現地の人から話しを聞きました。

当時まだ登山のことはあまり詳しくない自分でしたが、なんとなく「いつか登ってみたい」という思いを心に抱いたことを覚えています。


今年で40歳、若い時と比べて心が動くことが少なくなりました。

写真を撮る時も昔のような熱量を持って撮れていません。

撮る意味、意図、目的・・・。仕事として成立させるための写真。

考えれば考えるほど、純粋に撮る楽しさを忘れてしまったのかもしれません。


私が写真を始めた原点は「写真を撮るのが好き」ではなく「まだ見ぬ景色を見てみたい」という気持ちでした。山を登っている時、その想いは一番強く感じることができます。あの稜線の向こうはどうなっているんだろう。それが歩みの原動力です。


40歳という節目の年に、純粋にやってみたいことを自分に問いかけると18年前に抱いた「イムジャツェに登りたい」が1番に出てきました。

今回はその原点に立ち返り、今1番登りたい山に登り、撮りたい写真をとってきたいと思います。


イムジャツェ(6189m)Google Earthより

Commenti


bottom of page