検索
  • 関健作

写真家・千賀健史さんの展示「Suppressed Voice」


写真家・千賀健史さんの展示「Suppressed Voice」へ。

これはインドのある少年の物語。

少年はある日失踪するが、1500km離れた南インドで発見される。

少年は学校やめ、服屋の定員として働かされていた。

インドではカーストや貧困などの問題で、進学を諦め働くことを余儀なくされた人々がたくさんいる。

この作品は一人の少年から、インドにおける児童労働の問題を考える構成になっている。

千賀さんの表現面白さは、事実をただ写すドキュメンタリー写真ではなく、問題の本質を伝えるために架空のストーリーや演出した写真を織り交ぜ、事実を再構成しているところ。

フィクションとも言えるし、ノンフィクションともいえる作品なのだ。

今回の展示にも、問題を考える数々の面白いトリックが仕込まれていた。

すべての展示に意味があり、思わず唸ってしまった。

ぜひ会場で千賀さんに話しを聞いてみると、展示がさらに面白くなると思う。

また会場には千賀さん自身が手作りで作った本の展示も。

この本にもいろいろな工夫が凝らされている。

2時間あっても足りないくらいの大作なので、時間に余裕をもって行ってみてください。

おすすめの展示!

千賀健史展「Suppressed Voice」

2月16日(金)まで!

時間:11:00a.m.~7:00p.m.

入場無料 日曜・祝日休館

東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビルB1F

http://rcc.recruit.co.jp/gg/exhibition/16ph_chiga/16ph_chiga.html

#千賀健史 #写真家 #関健作 #KensakuSeki #写真展 #SuppressedVoice

0回の閲覧

©Copyright All right reserved KENSAKU SEKI.