検索
  • 関健作

写真展「OF HOPE AND FEAR」ニコンサロンで開催します


*The English text in Bellow

OF HOPE AND FEAR

関 健作 写真展 

これは、HIPHOPに魅了され夢を思い描くブータンの若者の物語である。

ブータンでは今、若者たちの失業率が高く、社会問題になっている。

物価が高騰していくなか、満足のいく給料が得られる仕事はほぼなく、将来の不安を抱える若者たちが急増。

そんな若者たちの間で流行しているのが、HIPHOPだ。

保守的な仏教国であるブータンではそんな若者たちを軽視する風潮があり、肩身の狭い思いをしながら、

彼らはHIPHOPを通して自分たちの存在を模索している。

物語の主人公は首都ティンプーに住む18歳の若者クンザン・チョゲル。

両親は離婚、住む家ものない中、HIPHOPを通して仲間たちと出会い、生きる希望を見出していく。

この作品は、私が撮影した写真と、彼らが作成したグラフィックを織り交ぜ、クンザンが胸の中に抱く「希望と恐れ」を表現したものだ。

@東京

開催期間: 

2018年3月28日(水) 〜 2018年4月 3日(火) 日曜休館

※3月31日(土)14:00~ ギャラリートークを開催します。

時間:

10:30~18:30(最終日は15:00まで)

場所:銀座ニコンサロン

住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座7-10-1

STRATA GINZA(ストラータ ギンザ)1・2階

在廊日:全日程在廊します。

展示webサイト:

http://www.nikon-image.com/activity/exhibition/salon/events/201706/20180328.html

@大阪

開催期間: 

2018年4月26日(木) 〜 2018年5月 2日(水) 日曜休館

時間:

10:30~18:30(最終日は15:00まで)

場所:大阪ニコンサロン

住所: 〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-2

ヒルトンプラザウエスト・オフィスタワー13階

在廊日:最終日5月2日のみ在廊します。

展示webサイト:

http://www.nikon-image.com/activity/exhibition/salon/events/201706/20180328.html

関 健作(セキ ケンサク)

1983年 千葉県に生まれる。            

2006年 順天堂大学・スポーツ健康科学部を卒業。

2007年から3年間体育教師としてブータンの小中学校で教鞭をとる。

2010年 帰国して小学校の教員になるがすぐに退職。

2011年よりフリーランスフォトグラファーとして活動。

2017年 APAアワード2017 写真作品部門 文部科学大臣賞 受賞。       

2017年 第13回「名取洋之助写真賞」受賞。

https://www.kensakuseki-photoworks.com

OF HOPE AND FEAR

Kensaku Seki Photo Exhibition

This is a story of a young man in Bhutan who is fascinated by HIPHOP and dreaming

better future.

Now in Bhutan, the unemployment rate of young people is high and has become

a social issue. As prices rise, there are a small number of jobs that can provide a

satisfying level of income. As a result, young people grow more worried over their

uncertain future.

HIPHOP has become very popular among such young people. In Bhutan,

a conservative Buddhist country, there is a tendency to disregard such young people.

However, they are seeking an expression of their existence through HIPHOP in the

midst of fundamental dissatisfaction with the society.

The main character of this story is 18-year-old young man, Kunzang Chogel,

living in Thimphu, the capital city of Bhutan. His parents got divorced, and he’s

living alone. Through HIPHOP, he found himself a group of friends and also,

hope for life.

This work incorporates photos of Kunzan and his colleagues’s lives. I also collected

graphics they created. By weaving them together in this work, I wanted to express

“hope and fear” Kunzan holds in his heart.

@Tokyo

Duration:

March 28th 2018 to April 3rd 2018 Sunday Closed

※ Gallery Talk will be held March 31st (Sat) 14: 00 ~

Time:

10: 30 ~ 18: 30 (last day until 15: 00)

Location: Ginza Nikon Salon

Address: 7-10-1 Ginza Chuo-ku, Tokyo

STRATA GINZA 1st floor

Author Arating Day:

All dates will be hosted

web:

http://www.nikon-image.com/activity/exhibition/salon/events/201706/20180328.html

@Osaka

Duration:

April 26th 2018 to May 2nd 2018, Sunday Closed

Time:

10: 30 ~ 18: 30 (last day until 15: 00)

Location: 2-2-2 Umeda Kita-ku, Osaka-shi

Hilton Plaza West Office Tower 13th Floor

Author Arating Day:

I will only be present at May 2nd on the last day.

web:

http://www.nikon-image.com/activity/exhibition/salon/events/201706/20180328.html

KENSAKU SEKI

Photographer. Born in Chiba Japan in 1983.

In 2006, graduated from Juntendo University,Sports and Health Science Division.

Teached at lower secondary school in Bhutan as a sports teacher for three years from 2007.

Returned to Japan in 2010 and become an elementary school teacher.

Started photographer career from 2011.

2017 1st prize APA"Japan Advaertising Photographers' Association"Award 2017

Photographic work department.

2017 1st prize The 13th Yonosuke Natori Photography Award.

https://www.kensakuseki-photoworks.com

#ニコンサロン #銀座ニコンサロン #nikon #関健作 #KensakuSeki #関健作写真展 #写真展 #ブータン #HIPHOP #Bhutan

47回の閲覧

©Copyright All right reserved KENSAKU SEKI.