検索
  • 関健作

3人展「三様のひかり」開催します


*The English text in Bellow

2019年、年明けすぐに写真展を開催します!

ぼくを含め、1983年生まれの写真家3人と一緒に、

新宿にあるアイデムフォトギャラリー「シリウス」の企画展として、展示させていただきます。

3人展のタイトルは「三様のひかり」です。

ぼくは、ブータンで多くの若者たちから絶大な支持を集めているトップラッパー、ケザン・ドルジをテーマにした作品を展示します。新しい作品ですので、ぜひ遊びにきてください。

今のところ下記の日程で在廊予定です。 2019年1月5日(土) 2019年1月7日(月) 2019年1月12日(土)14:00~ ギャラリートーク 2019年1月14日(月)

アイデムフォトギャラリー「シリウス」 年頭企画展

飯沼珠実・関健作・柳詰有香 写真展  「三様のひかり」

期間: 2019年1月5日(土)~1月16日(水) 日曜休館

午前10:00~午後6:00 最終日午後3:00まで   入場無料

会 場:アイデムフォトギャラリー「シリウス」  電話:03(3350)1211

住所:新宿区新宿1-4-10アイデム本社ビル2F アクセス:東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅から徒歩すぐ

【 年頭特別企画展について 】

アイデムフォトギャラリー「シリウス」では、毎年年初に、年男・年女の写真家を招いた年頭企画展を開催しています。亥年となる2019年は、飯沼珠実氏、関健作氏、柳詰有香氏をお招きして開催します。1983年生まれの三名は、違うフィールドで活躍する写真家やアーティストです。

テーマもアプローチも異なる、三者三様の展示がひとつの空間に集まることで、新たな写真表現の可能性を感じてもらえるのではないでしょうか。

【写真展案内】

飯沼 珠実 

「建築の建築」、「被服の建築1: 装具」

出展作品「建築の建築」(2015-)によせて飯沼は、<建造物は人間のようだ>と語り、建造物が森という家に生き暮らす様相を輝かしい光と空気感で表現しています。それはまるで印象派の画家ルノワールが描き出す、木漏れ日が美しい空間で戯れる人々の姿をも彷彿とさせ、飯沼の写真においてはたしかに建造物という人間が、安らいだ顔をしているように見えてくるのです。また本展にあわせて撮りおろした新作「被服の建築1: 装具」(2018)を発表します。新作では<人間-家>、<建造物-森>というレイヤーに着想し、そこから<人間-被服>という、よりミニマルな関係性に発生する建築的な現象を見つめ、写真でとらえることに挑戦しました。

本展において飯沼は「建築」の想像力をさらに押しひろげ、都市や建造物という一般的な意味での建築を、衣食住という日常生活に接続していきます。わたしたちの暮らしにある「建築」ということを、新作「被服の建築1: 装具」ではどのように表現するのか。飯沼の作家活動において初めてのモノクロームプリントを、ぜひご高覧ください。

飯沼珠実 ギャラリートーク 2019年1月5日(土)14:00~

【略歴】

飯沼 珠実 

http://www.tamamiii.com/

1983年 東京都生まれ

2006年 武蔵野美術大学造形学部映像学科卒業

2008年 多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程デザイン専攻情報デザイン研究領域修了

2008-2010年 ライプツィヒ視覚芸術アカデミー写真コースに研究生として在籍

2018年 東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻先端芸術表現研究領域修了

現在 東京とパリを拠点に制作

写真集  2016年 『建築の建築/House of Architecture』(POST/limArt)

関 健作

「Rap Sattva-The Bhutanese Rapper-」

今ブータンで多くの若者たちから絶大な支持を集めているラッパーがいる。ケザン・ドルジ、民族衣装を身にまとい、自国の言葉で綴られたラップを発信している。

保守的な仏教国だったブータンでは近年その変容ぶりが著しい。若者たちの仏教に対する信仰心は徐々に薄れ、お坊さんの説法よりもSNSや動画配信サイトでシェアされる海外の情報や文化が彼らの一大関心事になっている。

そんな現代ブータンの若者から共感をえているのが、ケザン・ドルジだ。東ブータンの貧しい家で育った彼は言葉の力でチャンスを掴んできた。彼のリリックは、シンプルで、飾らず、等身大のメッセージが綴られている。

一貫して伝えているのは自分たち、そして全ての若者たちがもつ可能性。誰もがわかるブータンの言葉で、自分たちのアイデンティティを肯定し、迷いや無力感から自分を見失っている者に光をあてている。

その姿は現代ブータンに出現した新しい「菩薩」なのかもしれない。

この展示は、ブータンで今まさに起きようとしている新しい時代の1ページを表現したものだ。

関健作 ギャラリートーク  2019年1月12日(土)14:00~

【略歴】

関 健作 

https://www.kensakuseki-photoworks.com/

1983年 千葉県生まれ

2006年 順天堂大学・スポーツ健康科学部卒業

2007年 3年間体育教師としてブータンの小中学校で教鞭をとる

2010年 帰国して小学校の教員になるがすぐに退職

2011年 写真家の活動を開始。人間の内面を表現するドキュメンタリー作品を制作

2017年 「名取洋之助写真賞」を受賞

最新作、HIPHOPに魅了されたブータンの若者たちの作品「OF HOPE AND FEAR」の写真集が京都国際写真祭ポートフォリオレビューFUJIFILM AWARDを受賞、またシンガポール国際写真祭Photobook Open Callファイナリスト、デンマークのPhotobook Week AarhuDummy Award トップ3に選出される。

柳詰 有香

「TOKYO PANZUKAN」

2016年よりInstagram(@tokyopanzukan)で公開してきた「東京パン図鑑」。"毎月ひとつのパン屋さんのパンを徹底的に解剖していく”をテーマにフォトグラファー柳詰有香とフードプランナー大皿彩子の二人で活動を始め、”ひたすらにパンを愛でる” 企画です。外見だけでなく、美しい焼き目や、クロワッサンの噛み口から覗く幾重にもなる断層、ほどけるように柔らかい食パンの生地など、パンそれぞれの個性や魅力を徹底的に深掘りし、いかに楽しく、美味しく、ユニークに食べることができるかを研究してきました。

展示には新たな撮り下ろし作品も追加し、instagramの世界では表現しきれなかったパンのチャームポイントによりフォーカスしていきます。

パン職人の愛情と熟練の技が集結している、この美しきパンの魅力を、よりじっくりとご覧ください。

柳詰有香 ギャラリートーク 2019年1月14日(月・祝)14:00~

【略歴】

柳詰 有香 

http://yukayanazume.com/

1983年 東京生まれ

2004年 イギリス・ロンドンに留学 写真を専攻

2005年 慶応義塾大学 卒業

2007年 フォトグラファー蜷川実花に師事

その後に出版社にて 雑誌や写真集の企画、編集、撮影に携わる

2013年 フリーランスの写真家となる

フードを中心に、ポートレート、ファッションなど、女性らしい視点での撮影を幅広く手がけている

[お問い合わせ] アイデムフォトギャラリーシリウス事務局

https://www.photo-sirius.net

---------------------------------

In 2019, we will hold a photo exhibition!

Together with three photographers born in 1983, including me,

We will exhibit it as an exhibition of the AiDEM photo gallery "Sirius" in Shinjuku.

The title of exhibition is "Sanyou no Hikari".

My exhibition title is

"Rap Sattva - The Bhutanese Rapper -"

Right now, the top rapper, Kezan Dorzi, who has received tremendous support from many young people in Bhutan.

The theme will be exhibited on the theme.

It is a new work, please come and do not miss it.

I will be presenting a gallery at the following schedule.

January 5, 2019 (Saturday)

January 7, 2019 (Monday)

January 12, 2019 (Saturday)14: 00 ~ Gallery talk.

January 14, 2019 (Monday)

AiDEM Photo Gallery "Sirius" Beginning of the year Exhibition

Tamami Iinuma · Kensaku Seki · Yuka Yanazume Photo exhibition "Sanyou no Hikari"

Period: January 5 - January 16, 2019

Closed on Sunday

10:00 am - 6:00 pm on the last day until 3:00 pm

free entrance

Venue: AiDEM Photo Gallery "Sirius"

Phone: 03 (3350) 1211

Address: Shinjuku-ku Shinjuku 1-4-10 Idem Headquarters Building 2F

Access: Tokyo metro Marunouchi line Shinjuku Gyoenmae station a short walk away

【About Beginning of year Special Exhibition】

AiDEM Photo Gallery "SIrius", at the beginning of the year, we hold a year-end plan exhibition inviting photographers of the old man and the old woman.

In 2019 which will be the year of Years, we invite Tamami Iinuma, Kensaku Seki, Yuka Yanazume to hold it.

Three born in 1983 are photographers and artists active in different fields.

Whether the theme or approach is different, the three-party exhibition gathers in one space, may not you feel the possibility of new photographic expression?

【About Exhibition】

Tamami Iinuma Exhibition

Title: 「House of Architecture, Unete d Habitation Berlin」

Gallery Talk: January 5, (Sat) 2019 14: 00 ~

Web site: http://www.tamamiii.com/

Kensaku Seki Exhibition

Title:「Rap Sattva-The Bhutanese Rapper-」

Gallery Talk: January 12, (Sat) 2019 14: 00 ~

Web site: https://www.kensakuseki-photoworks.com/

Yuka Yanazume Exhibition

Title:「TOKYO PANZUKAN」

Gallery Talk: January 14, (Mon) 2019 14: 00 ~

Web site: http://yukayanazume.com/

#アイデムフォトギャラリー #写真展 #写真家 #関健作 #ブータン #Bhutan #飯沼珠実 #柳詰有香 #KensakuSeki #Photographer #photoexhibition

73回の閲覧

©Copyright All right reserved KENSAKU SEKI.