検索
  • 関健作

ブータンの旅に参加したみなさんと星空を撮影


写真:パロの夜空①・Bhutan2016

NikonD800 Sigma12-24mm F4.5-5.6

設定:12mm、F4.5、64秒、ISO4000で撮影。

ブータンの笑顔に出会う旅2016で撮影した写真を紹介します。

毎年雨季に行われるこのツアー。

夜晴れるのはとっても珍しいことですが、今年は運良く夜空に浮かぶ星空を満喫することができました。

ツアーに参加してくれた方々と急遽星空撮影会を開催。

そのときに撮影した写真を紹介したいと思います。

写真:パロの夜空②・Bhutan2016

NikonD800

Sigma12-24mm F4.5-5.6

Sigma12-24mm F4.5-5.6の広角レンズを使用。

設定は12mm、F5、80秒、ISO3200で撮影。

暗いレンズなのでシャッタースピードを長めに設定、天の川が写ったものの80秒の撮影だったので、星が少しずつぶれてしまっている。

やはり明るい広角レンズが欲しいな〜と実感。

Sigma12-24mm F4.5-5.6のレンズは光源をきれいに写せないというのもデメリット。

写真:パロの夜空③・Bhutan2016

NikonD800 Sigma24mm F1.4

今度は明るいレンズ(Sigma24mm F1.4)で景色は写さず、天の川のみを撮影。

設定は24mm、F1.6、16秒、ISO2500で撮影。

16秒でこんなに星がくっきり移りました。

明るいレンズのポテンシャルを感じました。

写真:ツアーのみなさまとパロの夜空・Bhutan2016

NikonD800

Sigma12-24mm F4.5-5.6

設定は12mm、F4.5、71秒、ISO4000で撮影。

星を見上げているように撮影してみました。

写真:ツアー参加者のみなさんとライトで文字遊びBHUTAN LOVe・Bhutan2016

NikonD800

Sigma12-24mm F4.5-5.6

設定は24mm、F5.6、25秒、ISO2500で撮影。

一人ひとつライトで文字を描いてもらいました。

星が出ると夜の撮影は本当に面白い。

この日も夜じゅう撮影したい!と思ったんですが、冷えが想像以上に厳しかったことと、夜のブータン犬の凶暴ぶりにビビり、2時間くらいで切り上げました。

ブータンで夜の撮影をする際は、この2点を気をつけていただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------------

【News】

祭りのとき、祈りのとき

Bhutan

関健作写真展

2016年9月27日(火)-10月7日(金)

10:30-19:00(最終日は15:00まで)

コニカミノルタプラザ  ギャラリーC

※9月27日(火)15:00から、17:30からギャラリートークを開催します。

http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2016september/gallery_c_160927.html

関健作×三井昌志×野村哲也×中田浩資×山本高樹 トークイベント

写真家たちが見たブータンの素顔

2016年9月24日(土)14:30〜16:30(14:00開場)

会場:モンベル 渋谷店 5F サロン

http://gnhtravel.com/

その他のNews & Event

http://www.kensakuseki-photoworks.com/#!event/yh566

#星空撮影 #ブータン #Bhutan #関健作 #KensakuSeki #ブータン写真家

0回の閲覧

©Copyright All right reserved KENSAKU SEKI.