検索
  • 関健作

4人の先輩写真家とブータンを旅して感じたことその②


写真:6月のパロ渓谷、田植えの真っただ中・Bhutan2016

NikonD4 Sigma 12-24mm F4.5-5.6

GNHトラベル&サービス企画で5人の写真家ブータンプレスツアーに参加してきた。

一昨日ブータンから帰国した。

4人の先輩写真家たちと撮影現場にご一緒できる機会はなかなかない。

彼らの撮影スタイルをもちろん参考にさせていただいたし、

写真家として生きていく心得もそれぞれに聞いてみた。

当然のことなんだけど、4人ともスタイルがまっく違う。

撮影方法も、写真撮影する目的も、写真を通して何がしたいかも、稼ぎ方も。

すべてに筋が通っているし、彼らの言葉は経験からなるものだから一言一言がずしりと思い。

話にただただ圧倒されたし、新しい発見の連続だった。

いろいろ話を聞く中で、一人の写真家がこんな言葉をぼくに投げかけた。

「人の話しを聞きすぎだよ」

そして彼は続けた。

「おれは人の意見なんて聞いたことないし、それを取り入れようと思ったことはない。自分は自分以外にはなれないからね」

「人はみんな勝手なことを言うでしょ。人の意見に一喜一憂したり、それを真似しようとするなんて無駄だと思うよ」

驚いたことに、その他の写真家の方もそれについてはほぼ同意していた。

う〜ん。

この状況は、大学時代陸上競技をやっているときに非常にかぶる。

結果残した方々のやり方や考え方をたくさん聞き、頭でっかちになる。

それを真似ようとするんだけど、何一つ自分のものにできない。

やがて自分の走りができなくなり、自分の意志そのものもも薄くなっていってしまった。

時間がたっても人間は同じところをぐるぐる待っているんだな。

成長していない自分が滑稽だったし、なんだか笑えてきた。

彼らの話をとことんきいて、思ったこと。

写真家として生きていくなら人の意見を聞きすぎない。とにかく自分の内なる声を信じ続けること。

そして自分のやりたいことに向かってシンプルに進むだけだ。

きっとそれが一番の近道なのだろう。

ついついいろいろな人の意見を聞いてしまうことが癖になっていた自分。

生き方も考え方ももっとシンプルにしようと決意した旅になった。

----------------------------------------

【News】

日本・ブータン外交関係樹立30周年記念事業

ブータン-しあわせに生きるためのヒント-

日時:2016年5月21日〜7月18日

場所:上野の森美術館

http://www.bhutan2016.jp

調布市国際理解講座2016

「幸せの国ブータンが教えてくれたこと」

日時:6月18日(土)14:00-16:00

場所:東京都調布市小島町2-33-1 文化会館たづくり8階映像シアター

http://cifa.tamaliver.jp/e422492.html

ブータンの笑顔に出会う旅

写真家 関健作 同行 バンコク発着6日間

日時:2016年8月22日(月)〜8月27日(土)

http://gnhtravel.com/archives/4865710.html

コニカミノルタプラザ

にて2016年9月27日~10月7日まで写真展開催決定!

http://www.konicaminolta.jp/plaza/

【EVENTページ】

http://www.kensakuseki-photoworks.com/#!event/yh566

#Bhutan #ブータン #写真家

0回の閲覧

©Copyright All right reserved KENSAKU SEKI.