検索
  • 関健作

Have you seen unseen?


本日、暗闇の中のエンターテイメント、

「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」

を体験してきました。

http://www.dialoginthedark.com

視覚障害者のサポートのもと、暗闇の中を探検!

光が全くない空間で行動するのは初めての体験。

視覚が全くなくなると閉鎖感、圧迫感、不安感が同時にやってきた。

想像以上に動きが制限されるし、どうすればよいかまったく分からない。

こんなにも視覚からの情報に頼っていたことに気づきましたね。

生まれたての小鹿状態のぼくを、暗闇のエキスパートである視覚障害者のガイドさんが的確なアドバイスで助けてくれた。

彼らが普段どんな世界で生活をしているのか、体験を通して知れました。

そして、暗闇の中では無力の自分を感じると同時に、視覚障害者への尊敬の念が湧き出てきた。

なんだか泣けてくるし、彼らへの見方が一気に覆されましたね。

一番の衝撃は、視覚がなくなるとそれ以外の感覚が研ぎ澄まされるということ。

今までぼやけていた、聴覚・嗅覚・味覚・触覚がこれまで以上にはっきりしてきた。

そして人のぬくもりや優しさを強く感じられた。

これは面白い体験をさせていただきました。

Have you seen unseen?

ぜひ一度暗闇を体験することをおすすめします!


13回の閲覧

©Copyright All right reserved KENSAKU SEKI.