検索
  • 関健作

本日からスタート#005 PHOTO Playground


写真: #005 PHOTO Playground 「GOKAB」展示スペース

銀座ソニーパークに設置されたブータンの仮設公衆トイレをぜひ覗きにきてほしい! きっとブータンの勝手なイメージを裏切るギャップを感じていただけると思う。 基本的にぼくは在廊しないけれど、ソニーパークの優しい美男美女スタッフがぼくよりうまく説明してくれる。 ぼくがいないほうがかえっていい。

というかこの#005 PHOTO Playgroundという企画、本当にいい。何がいいかって、まず見た目でワクワクする。通りすがりの人も楽しそうな雰囲気につられてくる。今日も絶えず来場者がいた。何よりも参加型ってことが魅力。来場者の多くが新しい発見に驚き、楽み、笑顔になる。彼らを見てて、ぼくの脳内で革命がおこった。

個人的に嬉しかったのは、4つの公衆トイレのうち1つは自由に落書きを描けるようにしたんだけど、初日からたくさんの人が落書きをしてくれたこと。あと1ヶ月でどんな作品ができあがるんだろう。

今回この企画に参加しないかとお声がけいただいたIMAプロジェクトさんと銀座ソニーパークさん、に本当に感謝。

【#005 PHOTO Playground 開催概要】 2019年2月1日(金)〜3月3日(日) ※地下3階は2月27日(水)まで 開催時間:10:00〜20:00 会場:Ginza Sony Park GL/地上フロア、地下1階〜3階 主催:Ginza Sony Park キュレーション:IMAプロジェクト/株式会社アマナ 詳細はこちらから: https://www.ginzasonypark.jp/release/20190128/?mv 【#005 PHOTO Playground】 Duration: February 1 (Fri), 2019 - March 3 (Sun) *Certain works are only on display until February 27 (Wed) Time: 10:00 - 20:00 Venue:GL / Ground Level, B1 / Basement 1 - B3 / Basement 3[Park Map] Price: FreeCuration: IMA Project / amana.inc https://www.ginzasonypark.jp/e/program/009/ Kensaku Seki / 「GOKAB」(2018) The Kingdom of Bhutan in the Eastern Himalayas is a small country well known for pioneering the concept of Gross National Happiness and preserving its unique culture. Albeit its fairy-tale scenery, it has a wide range of social issues like rising youth unemployment. This may come as a surprise, but recent years have seen a burgeoning hip hop culture among the dissatisfied Bhutanese youth. In society that is both politically conservative and a Buddhist, they are pursuing their dreams of better future through dancing and rapping despite being frowned upon with distain. Kensaku Seki stayed in Bhutan's capital, Thimphu, and shot an-eighteen-year-old man, Kunzan and his friends, who, in turn, painted the graffiti on the images. Representing their fears and hopes, the photographs are displayed to look like pictures and words left upon the walls of public restrooms.

#ブータン #hiphop #関健作 #bhutan #005PHOTOPlayground #GinzaSonyPark #写真展

20回の閲覧

©Copyright All right reserved KENSAKU SEKI.