92-year-old man

Bhutan

プブ・サンドゥルップさんはブータンの“狭間”にある村に住む92歳のおじいさん。ヒマラヤ山脈の乾いた風が作り上げた深いシワ、長く伸びた白い髭、頭にはいつも年季のはいったベージュ色のハットが特徴的だ。

村一番の長老でありながら、今でも現役バリバリのカウボーイ。働き者で偉ぶらない姿勢は、村人から愛され、尊敬され、信頼を集めている。

耳が遠いため、近くで大きな声を出さないと会話ができない。けれども、伝わればしっかりとした口調で話してくれる。

私:「今年で何歳になりましたか?」

サンドゥルップ:「ん?」

私:「なんさいですか?」

サンドゥルップ:「92・・・92歳になった」

私:「ご出身は?」

サンドゥルップ:「ここで生まれたし、ずっとここで暮らしてきた。」

私:「昔やっていたお仕事は?」

サンドゥルップ:「昔から牛の世話だよ。今と変わらない」

 

ブータン唯一の国際空港があるパロと首都ティンプーのちょうど“狭間”にプブ・サンドゥルップさんが暮らすイスナ村がある。のどかな山間に位置し、土と木で作られたブータンの伝統建築が立ち並び、牛と鶏と犬と猫と人々がのんびりと暮らす村である。

私はこの村と関わりをもって10年になるが、いつ訪れてもプブ・サンドゥルップさんはそこにいて、毎日お決まりのルーティン(牛の世話)をしている。その姿は10年前から何も変わらない。しかし、彼を取り巻く環境や雰囲気はずいぶんと変わった。ここ数年は劇的といってもいい。

発展著しい国際空港の街パロ、首都ティンプーのちょうど間に位置しているこの村の宿命なのかもしれない。

イスナ村から車で約40分のところにある首都ティンプーはここ何年かずっと建設ラッシュだ。国中から豊かな生活を求める人々が首都へ押し寄せてきている。インターネットが普及、SNSが身近になり、遠くはなれた世界が目の前に映り込む時代。ティンプーの生活が手に取るようにわかるようになり、夢と憧れを抱いてやってくるのだ。経済格差もはっきりと認識できるようになってきてしまっている。その影響か、犯罪率も上昇している。

夢を実現するため、経済至上主義に走る人々もちらほら見かけるようになり、みながイメージする「国民総幸福の国、ブータン」とは真逆なベクトルがうっすら見えはじめている。

そんな夢と希望と活気あふれる首都の様子をすぐ近くで見続けてきた村がイスナ村だ。イスナ村の人々の主な収入は農業と酪農である。野菜や米を育て、牛乳からできるチーズ、バターなどの加工品をつくり、週末首都で行われるサブジバザー(野菜市場)でそれらを売って生活している。しかし、公務員、観光などのサービス業で得られる収入と比べると微々たるものである。インターネットが普及する前はこの「格差」に気付きにくかったのかもしれない。しかしながら今、イスナの村人たちのなかにも変化が起き始めていた。先祖代々の営みであった農業をやめ、ティンプーで生活する人々が増えてきている。

 

10年前、イスナ村は子ども声があちらこちらで響きわたっていた。しかし、ここ最近はぽつりぽつりとしか聞こえてこない。たった10年足らずで急速に過疎化が進んでしまった。10年前一緒にサッカーや相撲をしたりして遊んだ子どもたちはもう村にはいない。こちらの勝手な都合だが、なんだか少しだけ寂しかった。

そんなイスナ村の変化をプブ・サンドゥルップはずっと見続けてきた。彼がやることは昔から変わらない。自分に与えられた仕事をこなし、家族との時間を大切にする日々。少なくとも僕の知っている10年前からはずっと変わっていない。

彼にレンズを向け1日を過ごすと、まるで新幹線から自転車に乗り換えたような感覚になる。ブータンの時間の流れは日々早くなっていくが、彼を取り巻く時間の流れはただただゆったりとしている。そして不思議なことにいつもは感じることのない風の匂いを感じ、木々の緑が語りかけてくるような気分になってくる。

悠然と流れる時の中、彼は今という一瞬をじっくり味わっているようだった。

彼の佇まいを見て、どんなに環境が変わろうと、自分の役割を果たし、自分の時間を生きること、そこに幸せに生きる根っこがあるように思えるのだ。

変わりゆくもののなかで、私は何を大切にして生きていくのか。プブ・サンドゥルップさんの姿を見て自分自身のあり方も考えさせられるのだ。

 

 

 

APAアワード2017 文部科学大臣賞受賞!

APA(日本広告写真家協会)アワード2017 写真作品部門において応募作品の中で最も優れた作品に送られる、

文部科学大臣賞を受賞しました!

http://www.apa-japan.com/news/2016_14.html

 

作品は5枚組写真で「ブータン92歳の1日」。

受賞作品の展示東京都写真美術館で行われました。

 

撮影概要

 

○場所

ブータン Bhutan

パロ県・イスナ村(2016)

 

○日数

1日

 

 

○掲載媒体一覧

APAアワード2017 写真作品部門 文部科学大臣賞 受賞作品。

http://www.apa-japan.com/news/2016_14.html

5枚組写真「ブータン92歳の1日」

2017.3.4-19 APAアワード2017展覧会@東京都写真美術館   で展示。

 

○使用機材

Nikon D4

Sigma 50mm F1.4 
Sigma 24mm F1.4 

©Copyright All right reserved KENSAKU SEKI.